ハニカミムービーブログ

blog

【ウェディングムービー】ゲストに飽きられないコツは?披露宴で流すムービーの上映時間のススメ!

ライター/映像クリエイター ONO ライター/映像クリエイター ONO

結婚披露宴でもはや定番になった、大きなプロジェクターを使って披露宴会場で上映するウェディングムービーの映像演出。
新郎新婦の入場前に流すオープニングムービー、生い立ちから馴れ初めを紹介するプロフィールムービー、参列してくれたゲストの名前やメッセージを流すエンドロールムービー。

どのムービーもゲストの注目を集め、笑いを誘ったり感動させたりと会場中に一体感を持たせることができることができます。

今回はムービー上映が成功する大切なポイントである『上映時間』についてご紹介していきます。

ウェディングムービーで大切なのは、まずゲストに見てもらうこと

ムービー上映をする上で、なにが重要かといえば見てもらう側のゲストに『飽きずに』『見やすい』ムービーを作って楽しんでもらうこと。
そのため、だらだら長い飽きてしまうムービーでも、短く置いてけぼりのムービーでもなく『ちょうどよい長さ』のムービーがいいのです。

オープニングムービーに丁度いいのは【1分~3分以内】

新郎新婦の入場前のワクワクを高めるオープニングムービーは、【1分~3分以内】の短めがおすすめ。
ゲストは新郎新婦の晴れ姿を早く見たいので、短いながらも入場の期待感が増すようなインパクトのあるものがいいですね。
新郎新婦だけでなく祝辞や乾杯のゲスト紹介のあるものや結婚式のテーマや、お礼参列してくれたゲストへのお礼のメッセージをいれたりするのが定番です。
ムービーの終わりにカウントダウン付きのテンポのいいムービーが人気ですね。

プロフィールムービーに丁度いいのは【4分~6分以内】

披露宴の中盤に新郎新婦がお色直しで中座しいているタイミングに流すプロフィールムービーは【4分~6分以内】に収めるのがいいですね。
この間、ゲストは食事をしながら談笑したり、挨拶回りに席を立ったりする人もいたりと様々。
長すぎたり、文字が読みにくかったり、演出に凝りすぎたりするとすぐに飽きられてしまいます。
逆に短すぎたりする場合は印象に残らず終わってしまうなんてことも…
だいたいBGM1曲分と考えて、思い出の写真と一緒にゲストに伝わりやすいコメントを合わせてつくりましょう。

エンドロールムービーに丁度いいのは【3分~5分以内】

披露宴の締めとして、新郎新婦が退場した後に流すエンドロールムービーは【3分~5分以内】がおすすめです。
こちらもBGM1曲分の長さが、ゲストの披露宴の余韻に浸るのに最適な丁度いい長さなのです。
あまり長すぎる曲を選んでしまうと、参列したゲストが多い場合はいいのですが、少ない場合は曲に合わせたゲストの名前の流れるスピードや写真の展開がゆっくりになってしまい飽きられる原因に。

当日の撮って出しを入れたりメッセージをいれたり、締めにぴったりの感動的なムービーで有終の美を飾りましょう!

いかがでしたか?
ウェディングムービーを作るとき、気をつける事やこだわりたい事はたくさんありますよね。
事前に適切な上映時間を頭に入れておくとムービーの内容やパートの配分が考えやすいですよ。
まずは、『ゲストが見やすいもの』を意識してつくること。
ムービーを初めて見るゲストがちょうどいいと感じる上映時間を守って満足のいくステキなウェディングムービーを作ってみてください!

ハニカミムービーコンテンツ