ハニカミムービーブログ

blog

【知っておこう】結婚式のセレモニーの感動的な由来や意味をご紹介!

ライター/映像クリエイター ONO ライター/映像クリエイター ONO

教会でドレスやタキシードに身を包んだ新郎新婦が、ゲストに身守られながら神父の前で永遠の愛を誓う・・・
結婚式といえば、な憧れのシーンありますよね。
伝統的な教会式のセレモニーには、ひとつひとつにちゃんとした意味があることをご存知ですか?
当日、プランナーさんにいわれるがままの流れ作業なんでもったいない!
これから挙式を控えた新郎新婦様はぜひ、その深い意味を理解して神聖な動作を大切にすることをおすすめします。
今回は、その儀式の意味をご紹介していきます。

結婚式をあげるなら知っておきたい感動的な儀式の由来

キリスト教の教えにのっといて行われる『教会式』のはいろいろな儀式があります。
当日は緊張でプランナーさんに促されるまま、ただただ式が進行していき、あっという間に終わってしまった、なんてことにならないようにしましょう。
ちなみに筆者は教会式で上記のことが起こり、今となってはしっかり動作の意味を理解し丁寧に記憶に刻めばよかったという後悔組です。
一生に一度の晴れの日ですのでぜひ、思いを込めて噛みしめて行ってくださいね。

バージンロード

教会の入り口から奥の祭壇へと伸びる『バージンロード』
ただのカーペットではありません。

バージンロードは、花嫁のこれまで歩んできた「人生」を表しています。
教会の扉には「扉」、それを開くことで花嫁の「人生」が始まることを意味しています。

これまで育ててもらった親に支えられながら、共に時間を過ごしてきたゲストたちの間を進み、これから人生を共にする新郎のもとへ向かう、花嫁の『一生』を意味するこれまでと未来を表した儀式なのです。

花嫁と花嫁の父が一歩一歩、歩むのは今まで過ごしてきた年月の一年一年を表しているからです。
ちなみに、英語では『Wedding aisle(ウェディングアイル)』と呼ばれることが多く
バージンロードは実が和製英語なんですね。

ベールダウン・ベールアップ

花嫁が身に着けるウェディングベール。このベールには『清浄』という意味があり、悪魔から花嫁を守る魔除けの役割があります。

・ベールダウン

花嫁がバージンロードを歩む前に花嫁の母から行われるベールダウンは、母のお腹に戻り生まれる前に戻るという意味があり、教会の「扉」が開き、誕生を迎える前に行う儀式です。

花嫁を守る魔除けのベールを母の手でおろし、娘の幸せを願って新郎にもとへ送り出す最後の身支度をしてあげるのですね。

・ベールアップ

花嫁のベールを上げられるのは祭壇で待つ新郎だけです。
魔除けの『壁』を取り払い、ふたりの間に隔てるものは何もないことを表しています。
そして、魔除の代わりに新郎が「これからは僕が花嫁を守ります」という決意を表す意味を持つ儀式とされています。

誓いのキス

ゲストが見ている前で宣誓し、『誓いの言葉』の後に行う『誓いのキス』

誓いのキスには、『誓いの言葉』を発したお互いの口を封印をするという意味があります。

とはいえ、恥ずかしいからほっぺにキスするというのもOKのようですが、意味さえ理解できていれば大丈夫でしょう。

指輪の交換

結婚指輪を左手の薬指にはめるのにも意味があるのです。

左手の薬指には、古代ギリシアより『心臓』や『人間の感情をつかさどる場所』に繋がる血管があるとされてきました。

その大切な場所に夫婦に誓いの結婚指輪を互いに交換してはめることで、どんな時も相手のことを忘れないように…という意味が込められています。

ブーケ・ブートニア

花嫁の持つブーケと新郎が襟につけるブートニアは、季節や好きな花を使ったこだわりの部分ですよね。

これにも由来や意味があります。
ブーケには恋人にプロポーズしに行く道すがら、男性が野に咲く花を積みながら彼女のもとに向かい、着く頃には束になった花を彼女に差し出して結婚を申し込みました。
彼女はその花束の中から、一輪抜き取って彼の胸元に挿しました。

それがOK、婚約成立という意味です。

つまり、ブーケは『プロポーズをされた証』、ブートニアは『プロポーズのYESをもらった証』。

ブーケとブートニアはセットで意味があるのです。

ひとつひとつの儀式の意味を大切に

教会式で行われる儀式には、何百年もの昔から伝わる深い意味があります。

こうするものだろうと思っていたものでも、いろんな願いが込められた儀式だったんです。
由来や意味を知って、さらに感動的な結婚式を迎え夫婦の固い誓いを交わしてくださいね。

ハニカミムービーコンテンツ