ハニカミムービーブログ

blog

【2019人気のBGM】実際に注文があった結婚式のエンドロールムービーオススメ曲

ライター/映像クリエイター ONO ライター/映像クリエイター ONO

結婚式に参列してくれた、ふたりの親しい人たちに感謝を伝えるエンドロールムービー。 エンドロールムービーは撮って出しや生い立ちムービーのようなストーリー仕立てではないので、ムービーのBGMの選曲次第でしっとりした感動的な印象になったり、明るく楽しい印象になったりします。 結婚式の締めで流すのですから、会場での最後の演出にとても注目される重要なポイントになりますね。

今回は2019年春から夏、ハニカミムービーで実際に選ばれた人気のBGMをご紹介します。

《ハニカミムービー的》エンドロールムービー人気のBGM

2019年春からブライダルシーズン真っ只中の現在までで選ばれてきた人気の曲たちと、ハニカミムービー制作部のONOが制作してみて仕上がりが優秀だった曲をお知らせします。

Million Films【コブクロ】

(曲の長さ)5分21秒 2004年にリリースされたこちらの曲、たびたびCM起用されているせいか古い感じがしませんね。 歌詞の内容も等身大でシンクロしやすく、新郎新婦2人の写真のスライドショー部分では2人のための曲かしら?と思ってしまうほどムービーにハマるエンドロール向きの曲ですね。 曲の尺も長いので、メッセージを入れたい方にオススメです。

THE GIFT【blue】

(曲の長さ)5分2秒
エンドロールムービーだけではなくプロフィールムービーでも人気です。日本語バージョンは作曲した槇原敬之さんが歌っている『僕が一番欲しかったもの』。こちらも人気でした。洋楽でもどの年代にも親しみやすい王道ラブソングです。

・君とつくる未来
【ケツメイシ】
(曲の長さ)5分15秒
こちらもプロフィールムービーでも人気の曲です。
これから2人で一緒に未来へ向かって歩もうとしている前向きな歌詞がウェディングソングにぴったりなのが人気の理由だと思います。
最後の「みら~いへ~♪」の部分に2人の締めの写真を合わせると非常にしっくりきていい感じに仕上がりますね。

上記、TOPを占める人気の楽曲でした。
先輩の新郎新婦が使用した名曲中の名曲たち、間違いないオススメの曲ですね。

エンドロールムービーにしてみたら良かった曲たち

ここからはハニカミムービー制作部のONOが制作してみて、「あら素敵」と思った曲をいくつかご紹介します。

・ありがとうの輪【絢香】
(曲の長さ)1分59秒
けっこう短いかな?と思いましたが、ゲストの人数がそんなに多めではなかったため違和感なくできました。歌詞も感謝を伝える内容なので合っていました。最近はゲストの少ない内輪な結婚式も多いですからね。

・永遠【BENI】
(曲の長さ)5分00秒
定番のウェディングソング。TOP入りしませんでしたが、やっぱりウェディングソングなので歌詞も曲調もムービーにちょうどいいのでオススメです。曲の長さも一言メッセージを入れてもゆったり楽しめるちょうどよさです。

・やさしさで溢れるように【JUJU】
(曲の長さ)4分09分
しっとりJUJUさんのバラードが写真のスライドショーに合わさると新郎新婦の2人の世界となって、じーん…と感動的なムービーに仕上がりますよ。

・ともに【WANIMA】
(曲の長さ)3分45分
アップテンポのかなり明るい曲です。エンドロールムービーでの注文があったとき、ムービーに合うか少し心配でした。が、結果優秀でした。新郎新婦もフレッシュな雰囲気に曲の青春感が合わさって、見ている方が元気が出るムービーに仕上がりました。

その他にも、Mr.Children「365日」、スピッツ「空も飛べるはず」、秦基博「ひまわりの約束」、 MONKEY MAJIK「ただ、ありがとう」、ONE OK ROCKの「Where ever you are」などが利用されていました。

ONOは制作時けっこう初めましてな曲も多いんですが、そんな時は歌詞を調べながら新郎新婦はどこらへんが好きかな?なんて、考えながら調整したりするので読んでいていい歌詞だな~いい曲だな~と感心したり。制作でいい曲を知ることも多いです。

選ぶ曲次第で、ムービーの印象や仕上がりがガラリと変わります。
ぜひ、人気の曲を参考にして自分たちの結婚式の雰囲気に合うお気に入りの1曲を見つけてくださいね。

ハニカミムービーコンテンツ