結婚式ムービーは外注がお得?

画像1

結婚式で使用するムービーは意外に使用回数が多く、外注にした方がいいのか、自分で作った方がいいのかとても迷ってしまいます。
値段やかかる時間などにも違いがあります。準備で忙しい中手を抜きたくないと思っている人も多いのではないでしょうか。
結婚式でとても重要なアイテムですのでどちらがいいのか考えてみましょう。

料金比較

自分で作成する自作の場合と外注で作ってもらう場合、どちらが料金的にお得なのかとても気になる所です。
外注で作成してもらう場合、自分で作るものよりもプロに依頼する分綺麗な仕上がりになることは分かっているのですが、その分料金が高いのではないかという不安が大きくなります。実は外注で作成してもらう場合、インターネットを利用することで、とてもお得に作ることができます。平均1万円程度で作成が可能で、1度作成したものを確認して修正を依頼することもできます。
逆に自分でムービーを作成する場合は、いろいろと道具が必要になってきます。そのような道具を事前に持っていれば購入する必要はありませんが、ないようでしたら購入しなければいけません。作るためには、パソコンで加工や修正を行います。パソコンで動画の加工ソフトがインストールされているものもありますが、動画用ではありませんので、専用のソフトを使用することがおすすめです。そして写真を使用する場合、データとしてパソコンに入っているタイプであればスキャナーは必要ありませんが、小さい頃の写真は現物でしかないことが多いですのでスキャナーも必要です。
このように作成するためにはいろいろと事前準備が必要で、パソコン以外持っていない方の場合3万円前後の費用が必要になってきます。

画像2

製作時間

次に制作時間ですが、外注の場合は自分で使用する写真のデータや、どんなイメージのものにしたいかなど、いくつかある種類の中から選び、作業手順にそって選択していきます。もちろん自分で作成するわけではないので、あくまで選ぶだけで、加工や写真の位置、背景などは全て業者に依頼することができます。
現物でしかないような写真の場合は郵送、又は写真をカメラなどで撮影し、データを送るだけで済ますことができますので、スキャナーなどの道具は必要ありません。最近では携帯アプリを使用することで写真を郵送せずに送信できることや、業者との連絡がアプリで済ませることができるので、修正依頼や疑問点など早急に対応してもらえるようになってとても便利です。外注の場合はその業者によって違いますが平均で10日前後制作時間が必要です。至急で作成してほしい場合は最短7日でできる場所もあるのでお急ぎの人には嬉しいサービスです。
自分で作成する自作の場合は、必要なデータを集めると同時に作成するソフトを探したり、購入する必要があるので準備期間に時間がかかります。スキャナーなど必要な道具をお店で選ぶ必要もあります。だいたい式の3カ月前から作成を始めるのがおすすめです。パソコンの基本操作ができる方であっても、作成するソフトは初めての方が多いので、説明書を見ながら作業をすることになります。思っていたよりも大変で時間がかかる作業になるので余裕をもって始めましょう。式の1カ月前からは結婚式の進行や衣裳準備などが慌ただしくなってきますので、それまでに完成しておかなければいけません。

画像3

演出の内容

結婚式のムービーと一言で言っても様々な場面で使用することになります。結婚式の最初に流すオープニングムービーは映画のような登場をしたい方や、登場にインパクトを持たせたい方におすすめです。新郎新婦の自己紹介や出会いなどを紹介するプロフィールムービー、結婚式の最後にゲストの紹介や感謝の言葉を伝えるエンドロールムービー、そして家族や友達など普段恥ずかしくて直接言えないようなことを伝えるサプライズムービーなどもあります。結婚式の雰囲気や流れ、やりたい演出などによってどれを使用するか検討してみましょう。
外注の場合は使用する用途に合わせて選びやすくなっています。自作する場合は一から作らなくてはいけないので、背景など使用する用途に合わせて変える必要がありますし、複数個使用する時はその必要な個数に合わせて1個ずつ作る必要があります。
新郎新婦がお色直しの間、ゲストを退屈させないよう、ムービーを流して楽しんでもらう方法もあります。内容によってとても感動できたり、思わず笑ってしまうようなものまで様々です。使用する音楽や使う写真だけではなく、動画なども入れることができますので、直接語り掛けることも可能となっています。是非内容にこだわって素敵な結婚式の演出にしてみましょう。

まとめ

結婚式のムービーは外注にするか、自分で作るべきなのかについていろいろな点から比較してみました。料金は、必要な道具をもともと持っている人だと依頼するのも、自分で作成するのもあまり変わりがありません。
必要なムービーの個数によっては外注が安く綺麗な仕上がりになりそうです。結婚式準備の忙しい合間に作成することが可能であれば大丈夫ですが、仕事や他にしなければいけないことがある方は外注がおすすめという結果となっています。それぞれのメリットを考えてどのように作るか考えてみましょう。