ハニカミムービーブログ

blog

6.18山形県沖地震について

ライター/映像クリエイター ONO ライター/映像クリエイター ONO

先日の山形沖地震驚きましたね。
被災された方も多かったと思います。

実はハニカミムービーの事務所も震源地にほど近く、がっちり被災しました。

震度5弱のかなりの揺れで、色々なものが落下、散乱してますね。

運のいいことに特に大きな被害はありませんでした。
スタッフ全員無事で、機器の故障もなく地震発生翌日から通常営業させていただいております。
心配していた通信・配送の乱れもなく余震もいまのところ少なく、徐々に平常モードに。
大変ありがたいです。

記録として地震発生からの状況をハニカミ制作部オノがまとめていきたいと思います。

地震発生の状況
地震発生時間は22時22分。
自宅で家族とドラマの最終回をまったりと鑑賞中でした。

テレビのインタビューで多くの人が言うように、始まりは変な音が聞こえました。

ゴゴゴゴゴ?
グググググ?

遠くで鳴ってるカミナリが近づいてくるような低い音。
『ん?なんか音してる?』と思ってると、途端に横揺れがはじまって
『わわわわわ、けっこう揺れてる!』
『酔ってる? 今日飲んでない。地震だ!』
部屋の吊るすタイプの照明がぐわわーんと右に左に振られてました。

地震発生時の様子

雷のような変な音が鳴りだしてから4~5秒後くらいで始まった激しめの横揺れに気持ちは焦りながら、動きを止めて転倒しないよう態勢をたもちつつ『そろそろ止むかな』なんて変な地震への慣れからか 少し楽観的にやり過ごそうとしていました。

どんどん激しくなる横揺れに『ぜんっぜん止まない!これはヤバイ』とよぎった瞬間、テレビの画面が吉高由里子ちゃんから、緊急地震速報に切り替わりました。

時間にして、揺れだして20秒くらい?
携帯のエリアメールは鳴りませんでした。
テレビの画面では
《山形県沖を震源とする地震が発生、津波に注意》
とテロップが出ていて

山形県沖を震源とする…
…山形県沖!!?
津波くるじゃん!!

と焦りました。

とりあえず、津波注意報が出たので避難はしましたが実際の被害は津波は1mと小さく揺れで棚からモノが落下したりと多少ありましたがわが家では本当に最小限でした。

外に出ればコンクリの塀が崩れていたり停電、休水も発生したり、休校や電車の運休、道路の交通規制があったりとやっぱり影響はありました。

地震直後に感じたこと

。防災グッズの準備ができてない

東北大震災を経験しているくせにまだ危機管理に意識があまく防災グッズを用意していませんでした。

目につくものを車に放り込んで避難しましたが、わが家はペットに犬2匹がいるのにその準備が全くできてないことを反省しました。
人間用はなんとかなりそうですがペット用品ってけっこう必要なものが多いので。

通信機器の重要性

あとは、もうとにかく電話がLINEが鳴り続ける。
避難準備中に電話が鳴っても出るヒマなくいると相手も不安でさらに鳴らす。
同じくLINEも鳴る。
緊急エリアメールも鳴る。
充電がなくなる。
絶対にモバイルバッテリーか車載充電器が必要だなって感じました。

避難経路の確認

事前に避難場所の目安をつけておいたのは良かったです。
どこに向かうか迷わず出発することができました。
避難のとき、家族でだれがどう動くかの役割分担していたらもっとよかったな、と。

避難中は、会社の、友達の、家族のLINEやSNSで情報を交換したり状況確認したりとかなり助けられました。
むしろ、電話回線は混線してつながらずでネット回線のありがたみがすごかったです。

翌日はみんな寝不足で交通事故が増えたり、デマ情報が出回ったりとまだまだ心配な地震の影響ですが、今回の反省を活かしながら落ち着いて余震への対応して行きたいと思います。

以上
2019年6月18日山形県沖地震の記録でした。

ハニカミムービーコンテンツ