結婚式でゲストを楽しませるオープニングムービーの5つのアイデア

結婚式でゲストを楽しませるオープニングムービーの5つのアイデア

オープニングムービーは結婚式を盛り上げる重要な要素ですが、色々なアイデアを活用することで、ゲストにより楽しんでもらえます。

今回ご紹介するのは、ゲストを盛り上げるオープニングムービーの5つのアイデアです。
式全体の雰囲気や、どんなゲストを招待するかにもよりますが、オープニングムービーを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

アイデア1.ムービーの中でゲストに新郎新婦の紹介をしてもらう!

新郎側のゲストは新婦のことを、新婦側のゲストは新郎のことをよく知らないことは多いため、オープニングムービーで新郎新婦のプロフィールを紹介する流れは定番となっています。

新郎や新婦が自己紹介するパターンは多いかもしれませんが、1つ工夫を加えて、ゲストに他己紹介してもらうのはいかがでしょうか?

親戚や友人など何人かのゲストに登場してもらえば、紹介する内容の幅が広がり、映像にも変化が出るため見る人を飽きさせません。
ゲスト側の気持ちとしても、自分が参加したムービーには注目したくなるでしょう。

ただし紹介する内容が特定の友人グループにしかわからないような項目ばかりになると、内輪ノリになりすぎて盛り上がらないので注意が必要です。
名前や出身地、昔はまっていた趣味や部活など、見る人の共感が得られる内容を選んでください。

アイデア2.新郎新婦がゲストを紹介して感謝を伝える!

アイデア1とは逆に、新郎新婦がゲストを紹介するのも良いアイデアです。ゲスト同士はお互いにどんな人なのか知らない場合が多いため、ムービー内でゲストを紹介することで理解が深まり、会場に一体感が生まれます。

さらに工夫するなら、ムービー内で新郎新婦が「◯◯大学の同級生です!」と紹介するのに合わせて、会場ではそのテーブルにスポットライトが当たるなど、映像と現場をつなげる演出も盛り上がるでしょう。

見るだけになりがちなムービーですが、会場との相互コミュニケーションを加えるとより楽しくなります。
ゲストの一人ひとりを紹介すると時間がかかるため、テーブル毎に紹介すると良いかもしれません。

アイデア3.メイキング風ムービーと会場を繋げてゲストにサプライズ!

結婚式当日までのメイキング風ムービーはよく使われるアイデアかもしれませんが、一工夫加えるとゲストが楽しめるものになります。

例えば、ムービー内にテーブルに置くネームプレートやメッセージカードなどを書いている場面を入れるのはどうでしょうか。
ゲストは映像だけでなくテーブルも見ることになるため、ゲストの視線が動き、会場全体を楽しんでもらえます。

ムービー内に風船を膨らませている場面を入れ、会場では風船が飛ぶと同時に新郎新婦入場など、映像と会場にストーリー性をもたせるのも盛り上がるでしょう。

アイデア4.前説風のムービーでゲストを巻き込んで盛り上げる!

舞台や映画の前説風のムービーを作って、ゲストと一緒に拍手の練習をしたり、「写真や動画撮影は大歓迎です!」などの説明をすると、ゲストを巻き込みながら盛り上げられます。
式の流れやスピーチの担当者などを紹介しても面白いでしょう。

アイデア2と同様に、ゲストとのコミュニケーションが図れ、みんなで拍手の練習をすることなどによって、会場の一体感も生まれます。
ゲストの緊張もほぐれるため、結婚式全体が盛り上がること間違いありません。

アイデア5.ムービー内で紹介した内容を2次会のクイズで出題する!

ゲストを飽きさせずムービーに注目してもらう方法として、ムービー内で紹介した新郎新婦のプロフィールや思い出の場所などを、2次会のクイズに利用するというアイデアもあります。

新郎新婦のことに興味を持ってもらえますし、結婚式から2次会へのストーリーも生まれるでしょう。
最近は個人で動画をアップするのも簡単になってきたため、「結婚式メイキング映像はご自宅で!」など、結婚式後に楽しめる演出もおすすめです。

まとめ

以上、結婚式でゲストを楽しませるムービーのアイデアを5つ紹介しました。

ゲストの性質にもよりますので、招待するゲストに合わせてぴったりのアイデア選んだり、組み合わせたりして、制作してみてください。
すべて自分で作るのが難しい場合は、必要に応じてムービー制作会社や結婚式場で相談してみるのも良いでしょう。