結婚式でオープニングムービーを流そう

オープニングムービーに入れる内容

結婚式は、今や以前にも増してビッグイベントとなっているようにも感じている人も多いのではないでしょうか。その理由は、結婚する人があまり多くないことや、結婚しても式を挙げない人がいることも挙げられます。

また、少子化によってお子さんが少ない為、結婚式を挙げることになった場合、より豪華にしたいと考える方がいることも理由なのかもしれません。

いずれにしても、誰にとっても人生においてとても大切なイベントであることは間違いありません。これから始まる二人のスタートを祝して、是非素敵な最高の結婚式にして頂きたいものです。

結婚式にムービーを取り入れる方が多くなっていますが、オープニングムービーを取り入れる方も少なくありません。オープニングムービーとは、その名前の通り結婚式の初めに流すもので、ムービーが終わると同時に新郎新婦が会場に登場するといった流れになることが多いようです。オープニングムービーを流すことで、会場は更に引き締まります。

また、クオリティの高いムービーを流すことで、よりスタイリッシュで高級感も生まれます。多くの方は、普通の生活を送る上で、そう何度もムービーの主役になることはないでしょう。このムービーの主役は、もちろん新郎新婦。素敵な経験になってくれることでしょう。

ムービーでは、新郎新婦のお名前や結婚式の日付などをはじめ、新郎新婦のご両親、挨拶をしてくれる人や乾杯担当者などの紹介もできます。お名前だけでなく、映像として目にできるところも嬉しいところでしょう。

紹介される側にとっても、きっと嬉しく感じるはずです。また、結婚式にゲストとして来てくれた方々への感謝のメッセージも可能です。それほど長いムービーではありませんが、場の雰囲気を盛り上げる為にもあると嬉しいムービーだと言えます。

プロフィール、エンドムービーとの違い

結婚式で流すムービーには、この他にも「プロフィールムービー」や「エンドムービー」などがあります。これらには、それぞれ目的と内容に違いがあります。

プロフィールムービーは、新郎新婦のこれまでの歩みを紹介するものです。二人がどこで生まれ、どんな環境の中で成長してきたのかが分かるムービーです。これを見て、初めて新郎新婦のことが分かるといった親戚の方なども多いかもしれません。これをきっかけに、自然な紹介ができるのもメリットでしょう。

ムービーでは、家族との思い出の写真や学生時代、社会人としての思い出の写真なども紹介します。もちろん、新郎新婦のなれそめについても紹介できますので、場が盛り上がります。音楽に乗せて、たくさんの写真を紹介します。言葉だけの紹介よりも、画像があることでより伝わりやすく、より感動的なものになります。

また、エンドロールムービーは、式の締めくくりに流すものです。このムービーがあることで、新郎新婦の退場シーンがより感動的なものになります。結婚式に出席してくれたゲストの方のお名前を紹介することや、思い出の写真などを流すことができるため、まるで映画館で映画を観ているようなそんな気持ちにさせてくれます。式に出席してくれた方にも、嬉しく思ってもらえるのではないでしょうか。

このように、オープニングムービー、プロフィールムービー、エンドムービーそれぞれに違いがあります。どのムービーであっても、ゲストの方が目にするものですから、二人で紹介しても良いことを確認してから取り入れるようにしてください。これが、作成時の注意点です。

オープニングムービーを依頼する際の注意点

オープニングムービーを依頼する時の注意点は、納期についてです。結婚式の準備が始まると、準備することがとても多く何かと忙しくなるものです。そして、思いのほかあっという間にその日がやってきます。

そのため、ムービー作成の依頼がかなり後回しになってしまうことも考えられます。オープニングムービーをはじめムービー全般に言えることですが、余裕を持って早めに依頼することが大切です。

なかには、数日の間に制作してくれるようなところもありますが、それでもある程度の日数は必要になってきます。写真を探したり選択したりする時間も欲しくなるでしょうし、確認する時間も必要です。そのため、早めに準備を始めることをおすすめします。

また、制作後に修正できる回数が決まっていることもあるため、修正する際にはよく考えてから連絡することをおすすめします。同じく、後でムービーに使用する音楽を変更できないこともあるため音楽のチョイスも慎重にしましょう。せっかくですから、二人が本当に好きな音楽を選んでください。

オープニングムービーが素敵に仕上がっていれば、会場のテンションも上がることでしょう。感謝の気持ちと二人の仲睦まじい姿を伝えられるようなムービーを、是非作ってください。式が二人にとって、また家族にとって素晴らしい思い出となりますように。